abats本郷店 ディナー

明けましてアバ

ブログ書くのを怠っていたら、年が明けてしまいました!

1月7日は七草がゆの日ですが、おかゆではなく迷わずアバへ。

 

寒い夜とはいえ、のどが渇いて最初は泡。

うっすらとピンクがかった、白に近いぎりぎりロゼな泡で最初の一皿を待ちます。

 

最初はできたてほやほやのブーダン。

できたてはプリンのようにふるふるほわほわで、口に入れると淡雪のように

溶けてしまいます。それでいて濃厚。うーむ、とうなりながらの一皿目。

IMG_2976

 

続いてはホッキ貝と百合根のなんとか(すみません、忘れました)。

百合根は大好きですが、梅肉あえくらいしか食べたことがありませんでした。

百合根とホッキの甘味がとても美味。

IMG_2977

 

 

3皿目はシメジのポタージュ。シメジでもポタージュができてしまうとは驚きです。

良い感じのとろみは昆布だそうで、隠し味にトリュフが入っているそうです。

IMG_2978

今日はシャルなしのアバでしたが、大満足でした。

 

でも、今日お店で一番目をひいたのは、山もりのえのきだけでした!!

IMG_2979


落花生のエチュベ

「エチュベ」とは、バターでゆっくり火を入れたものだそうです。

落花生といえば、塩で炒ったものか、塩ゆでしか食べたことがなかったのでびっくり。あまりに大粒で二度びっくり。

びっくりして写真撮る前に食べちゃったので、少し減ってますが。

落花生のエチュベ

意外にもワインとの相性もぴったりで、三度びっくり。

この日のワインはアルザスのフルーティなピノでした。

 

 

 


アバ風ガスパチョ

ガスパチョです。

おしゃれなスムージーかと思いました。

ガスパチョ

冷たくてさっぱりして、とっても美味でした。


牛ハツ連写!

牛ハツのポワレがサーブされるまでを連写しました!

手さばきが早いのなんの、って。

ハツ1

ハツ2

ハツ3

ハツ5

 

あっという間に、ドーン!!

ハツ7

 

スピードとボリュームにびっくりな瞬間でした(~o~)

 


ホッキ貝のサラダ

ちょっと珍しいメニューをいただきました。

ホッキ貝とカブのサラダ。

ソースはホッキ貝の肝とトマトで作っているそうです。

肝のうま味と程良い苦みがトマトの酸味と一緒になって、ソースだけでもワインが進んじゃいます。

アバといえば肉ですが、海のものもほんとうに美味しいです。

ホッキ貝のサラダ1


マンゴーゼリーかと思いきや

黄パプリカポタージュ

一見マンゴープリンに見えますが。

 

黄パプリカのポタージュでした。

どう見てもマンゴーですが、食べるとしっかりパプリカの味がします。

フレンチではパプリカのピューレがあるそうですが、ここまでたっぷりポタージュにするのはあんまりないとか。

湿度が高くなってきたこの季節にピッタリな一品でした。

私はギャテでいただきましたが、アバでも楽しめるようですよ。

 


初夏のディナー

きのうのディナー報告です。

 

まずはトサカのソシソン。

甘いパテにトサカとクルミの歯ごたえがちょうどよいアクセント。

後ろにドンと横たわるのはウドのマリネでした。

ウドもジャンボサイズです。

トサカのソシソン

 

続いては姫タケノコ。

アンチョビとニンニクのソースは酢味噌のようなさっぱり感。

ひめたけのこ

 

タコのテリーヌ(右)と添えられたタブレ(左)。

ニンジンと一緒に煮込んだほんのり甘いタコは香りづけのタイムがほんのり香る冷製。

付け合わせのタブレはブロッコリーとサツマイモの組み合わせ。

ブロッコリーとサツマイモが合うとは知りませんでした。

たこ

 

メインは牛タンと仔羊。

牛タンは表面がカリッ!なのに、なかはふんわり~とろける~

牛タン

 

グレープフルーツとわさびのシャーベットでお口も気分もすっきり。

わさびシャーベット

 

アバっぽくない新メニューがあるところがとってもアバっぽい、初夏のディナーでした。


久しぶり@アバ

昨晩、久しぶりにアバディナーを楽しんできました~

まずはホワイトアスパラガスのエチュベ。

出てきた瞬間、あまりの香りのよさと美味しさに一気に食べてしまったので、写真は撮り忘れました・・・残念(>_<)

 

続いて新玉ねぎのポタージュ。

これはサツマイモではないかと思うくらいの甘さですが、香りはちゃんと玉ねぎです。

ラルドの塩味がにくいです。

新玉

 

お次はえぞあわび。

たっぷりな肝のソースはほろ苦さが美味しくて、一度は入らないと言ったパンをもらい、

舐めるようにいただきました。

えぞあわび1

 

メインは仔羊のロースとリードヴォー。

お肉はひたすら甘くてやわらかく、添えられた行者ニンニクとのコンビも抜群です。

北海道から届いた天然の行者ニンニクはアバ常連の間ではおなじみ。

これを食べると「春だなあ」と思うのです。

リードボー2

 

そんな美味しいものを、こんな美味しいワインでいただきました。

ほほほ(*^_^*)  ごちそうさまでした。

じゅぶしゃん

 


クマ出没

先週の金曜日は、久しぶりのアバディナー。

最初は鹿の生ハムとサラミ。

しっとりやわらかく、口の中で脂がじんわり溶けていきます。

鹿サラミ

 

メインはヒグマのロティ。

熊ですよ、クマ。

ヒグマ1

思わず最初に脂からパクリ。

クマの脂は初めてでしたが、こんなに甘味があるものなのかとびっくりです。

直径3センチはあろうかと思われるゴボウも、ほくほくやわらかく、

土の香りがクマとぴったり合っています。

ヒグマゴボウ

鹿とウマじゃなくてよかったと思う、至福のディナーでした。

 


シェフからの伝言 2/19

シェフから、パテ・ド・カンパーニュの写真が届きました!

本日できたて、ほやほやのパテカンです!

写真見ただけでワインが飲みたくなっちゃいました~ (#^.^#)

早いもん勝ち !!

パテカン0219