abats本郷店 ディナー

本郷ディナー復活!

9月1日、アバ本郷店のディナーが復活しました!!!

ジビエが始まる10月からの予定が、1か月早くなりったようです。本郷ファンとしては嬉しい限りですね!

早速、初日に行ってきました。

最初は新さんまのテリーヌ。肝のソースとの相性がバツグンで、夏向けの一品です。

IMG_3682

2品目はウサギの冷製。

さっぱりジュレとイチジクが奏でるほんのりとした甘さもとてもおいしいのですが、添えられたセロリのほろ苦さが心地よいアクセントになっています。若いセロリの葉は初めて食べましたが、柔らかくてサラダにぴったりでした。

デセールは大好物のブラマンジェ。

IMG_3688

やっぱりこれじゃなくちゃね~、と大満足の一日でした。


最後のアバ晩餐

keijiさんがGateランチ最終日の報告をされていたので、私はアバ@本郷のディナー最終日をレポートします!

 

まずは、若鶏と青豆のテリーヌ。

若鳥テリーヌ

続いて、秘伝豆とアンチョビのサラダと、根セロリとじゃこのサラダの盛り合わせに、

秘伝豆と根セロリ

秘伝豆のポタージュ。

秘伝豆ポタージュ

メインは何かなと思っていたら、途中でサプライズな箸休め。

うま味がぎゅっと閉じ込められた、濃厚なジュレ。

ジュレ

 

メインは、野ウサギのロワイヤルとヒグマ。

野ウサギロワイヤルヒグマ

 

ワインは、白と泡の後は、シェフが選んでくれたサヴィニ・レ・ボーヌ 08 で。

アバディナー@本郷の最後は、これぞアバ的なメニューで堪能させていただきました。

 

 

もうこの風景はもう見られないかと思うと、ちょっと残念ですが、アバディナー@木場も

楽しみですね!

イメージ

 


ちょい飲みシャル

20日の水曜日。

打合せで出されたお弁当はほどほどにして、アバに直行しました。

既にひとくち食べていたので、おつまみ的にシャルを所望。

IMG_2996

上左から時計回りに、5年熟成の岩中豚生ハム、1年熟成の鹿、和牛のブレザオラ、鹿のテリーヌ、ホロホロ鳥とイチジクのテリーヌです。

どれもこれもよい塩梅でとっても美味でした。

ワインはニュイ・サン・ジョルジュ ’11

IMG_2997

 

最後に極めつけの。

IMG_2998

文句のつけようがない、幸せな夜になりました。

 


明けましてアバ

ブログ書くのを怠っていたら、年が明けてしまいました!

1月7日は七草がゆの日ですが、おかゆではなく迷わずアバへ。

 

寒い夜とはいえ、のどが渇いて最初は泡。

うっすらとピンクがかった、白に近いぎりぎりロゼな泡で最初の一皿を待ちます。

 

最初はできたてほやほやのブーダン。

できたてはプリンのようにふるふるほわほわで、口に入れると淡雪のように

溶けてしまいます。それでいて濃厚。うーむ、とうなりながらの一皿目。

IMG_2976

 

続いてはホッキ貝と百合根のなんとか(すみません、忘れました)。

百合根は大好きですが、梅肉あえくらいしか食べたことがありませんでした。

百合根とホッキの甘味がとても美味。

IMG_2977

 

 

3皿目はシメジのポタージュ。シメジでもポタージュができてしまうとは驚きです。

良い感じのとろみは昆布だそうで、隠し味にトリュフが入っているそうです。

IMG_2978

今日はシャルなしのアバでしたが、大満足でした。

 

でも、今日お店で一番目をひいたのは、山もりのえのきだけでした!!

IMG_2979


落花生のエチュベ

「エチュベ」とは、バターでゆっくり火を入れたものだそうです。

落花生といえば、塩で炒ったものか、塩ゆでしか食べたことがなかったのでびっくり。あまりに大粒で二度びっくり。

びっくりして写真撮る前に食べちゃったので、少し減ってますが。

落花生のエチュベ

意外にもワインとの相性もぴったりで、三度びっくり。

この日のワインはアルザスのフルーティなピノでした。

 

 

 


アバ風ガスパチョ

ガスパチョです。

おしゃれなスムージーかと思いました。

ガスパチョ

冷たくてさっぱりして、とっても美味でした。


牛ハツ連写!

牛ハツのポワレがサーブされるまでを連写しました!

手さばきが早いのなんの、って。

ハツ1

ハツ2

ハツ3

ハツ5

 

あっという間に、ドーン!!

ハツ7

 

スピードとボリュームにびっくりな瞬間でした(~o~)

 


ホッキ貝のサラダ

ちょっと珍しいメニューをいただきました。

ホッキ貝とカブのサラダ。

ソースはホッキ貝の肝とトマトで作っているそうです。

肝のうま味と程良い苦みがトマトの酸味と一緒になって、ソースだけでもワインが進んじゃいます。

アバといえば肉ですが、海のものもほんとうに美味しいです。

ホッキ貝のサラダ1


マンゴーゼリーかと思いきや

黄パプリカポタージュ

一見マンゴープリンに見えますが。

 

黄パプリカのポタージュでした。

どう見てもマンゴーですが、食べるとしっかりパプリカの味がします。

フレンチではパプリカのピューレがあるそうですが、ここまでたっぷりポタージュにするのはあんまりないとか。

湿度が高くなってきたこの季節にピッタリな一品でした。

私はギャテでいただきましたが、アバでも楽しめるようですよ。

 


初夏のディナー

きのうのディナー報告です。

 

まずはトサカのソシソン。

甘いパテにトサカとクルミの歯ごたえがちょうどよいアクセント。

後ろにドンと横たわるのはウドのマリネでした。

ウドもジャンボサイズです。

トサカのソシソン

 

続いては姫タケノコ。

アンチョビとニンニクのソースは酢味噌のようなさっぱり感。

ひめたけのこ

 

タコのテリーヌ(右)と添えられたタブレ(左)。

ニンジンと一緒に煮込んだほんのり甘いタコは香りづけのタイムがほんのり香る冷製。

付け合わせのタブレはブロッコリーとサツマイモの組み合わせ。

ブロッコリーとサツマイモが合うとは知りませんでした。

たこ

 

メインは牛タンと仔羊。

牛タンは表面がカリッ!なのに、なかはふんわり~とろける~

牛タン

 

グレープフルーツとわさびのシャーベットでお口も気分もすっきり。

わさびシャーベット

 

アバっぽくない新メニューがあるところがとってもアバっぽい、初夏のディナーでした。