ニュース

Abats.の美食雑誌への掲載+電話設置

Abats.が現在書店に並んでいる「東京熱烈肉食美女」のP115に掲載されています。

また、Abatsには店舗に予約電話を設置しました。
[予約電話番号:080-9802-9928(平日午後〜閉店時間まで)]
これからは店舗に行かなくても、予約できるようになりました。


春です。山菜です。

あっという間に桜も散り、初夏に突入しそうなあたたかさですね。

アバにも春がやってきました。

野生アサツキ、フキノトウ、タラノメ、ウド、田芹、筍、蓼 などなどが

みごとなフレンチに変身していますよ。

ウドとリンゴのサラダはシャキシャキでさっぱりして新しい感覚。

田芹は普通に売ってる芹とは大違いの野生の芹で、こちらも風味が豊かです。

春の山菜の苦みは冬の間に溜まった体の毒を体外に出してくれるとか。

美味しくて体によいなんて、春から縁起がよさそうです ❀✿


ケータリング・テイクアウトのお知らせ

Abats.のシャルキュトリー、メインティッシュのケータリング・テイクアウト承ります。
お花見用・ホームパーティー用のセットもできます。来店時にお問い合わせ下さい。


能&アバ

先日、初心者が気軽に能に触れることができる「夜能」というイベントで、

開演前にアバのシャルとドリンクが楽しめるというので行ってまいりました。

能楽堂のロビーで、ワンプレートで、ドリンクついて1600円というので

簡単なものかなっと思っていたのですが、いえいえとんでもなく充実しておりました。

中央:真サバリエットを挟んだプティ・ヴィエノワ

右:若鶏のバロティーヌ バターナッツかぼちゃのサラダ

下:タコのマリネ 野菜のピクルス

左:ロースハム 豚頭のテリーヌ じゃがいものサラダ

 

ドリンクは白ワインを選択。写真の解像度が低く、美味しさが伝わらなくてすみません。。。

軽食かと思いきや、結構食べごたえがありました。

特に、真サバのリエットを挟んだサンドイッチは絶品。これはお店では食べられません。

 

アバと能のタッグ、一度ご賞味あれ。

数限定のため、能楽堂で事前に販売されるチケット購入がお勧めです。

「夜能」は能とその他古典芸能を楽しむことが出来るイベントで、宝生能楽堂(文京区本郷)で2月、4月、5月、6月、9月、11月に開催とのことです。

※夜能のチケット代は別です!

 

 


クリスマス用とお正月用のテイクアウト

テイクアウトとして、クリスマス用のプーレロティファルシ(詰め物をした丸鶏のロースト)とお正月用のシャルキュトリー詰め合わせを販売するそうです。
予約すると方が確実に受け取れます。クリスマス用の受渡日は12月22日(金)、23日(土)、25日(月)です。正月用の受け渡しは26日(火)~29日(金)です。


シェフけん、6月平日の本郷店ランチに現る

本日より6月のAbats本郷店の平日ランチには、シェフけんが腕を振るいます。

最近はAbats本郷店、Abats木場店も2人以上のスタッフで運営することが当然になっています。(それでもピークタイムは、スタッフが大変そうです。)

しかし、一時期のAbats本郷店はシェフけん一人で注文取り、料理、配膳、会計、下げ膳、皿洗いまでしていました。6月のAbats本郷店ランチも2人以上のスタッフ体制ですが、再びシェフけんの勇姿、驚異のスピードを目にすることができます。本郷・春日近辺の方々は「Don’t miss it.」ですね。

abatsシェフけん


6月25日(土)の木場店ランチは、貸切営業予定

先週の土曜日のランチには木場のAbatsに伺って、豆のポタージュ、熟成パテ・ド・カンパーニュ、羊の煮込み、サービスでのブランマンジェを頂きました。(羊の煮込みは出された時に写真を撮り忘れてしまいましたが、骨の髄までおいしく頂きました。)

日曜日は、仲良くさせて頂いているお二人の結婚式でした。結婚式の寿新聞では、新郎が「本気出して選んだ5店」ということで、Abatsがランクインしていました。前々から「Abats木場店にも、新郎新婦をお連れしなくては」と思っていたので、早速30人くらいの貸切予約をとりました。というわけで、6月25日(土)のランチは貸切営業となり、通常ランチは多分なくなりそうです。


熟成パテカン


羊の煮込み、骨の髄まで頂きました


ブランマンジェ


木場店黒板160528


寿新聞切り抜き


おうちでアバが食べられる!!

アバのケータリングって、知ってました?

先日自宅でホームパーティがあり、「そういえば、ケータリングやってたなー」と思い出してお願いしてみました。

予算は一人3000円からだそうで、前菜、パン、メインなど、内容は相談に応じてくれます。

この日はシャルとマリネでお願いしました。

マリネはえのき、天然フキ、赤玉ねぎ、かぼちゃ、サツマイモ、ウド。天然ふきは淡いきれいなピンク色でした。

シャルは、おなじみパテドカンパーニュ、ホロホロ鳥とイチジクのテリーヌ、ウサギと白レバーのテリーヌ、鴨のソシソン、砂肝のソシソン、豚頭のテリーヌ、ロースハム、牛タンのスモーク、鴨としし唐のリエット。

こんな形でパックされてます。

ケータリング_セット

 

おうちアバも贅沢ですが、これからの季節、庭やピクニックでガーデンアバなんてのも、よさそうですね~。

みなさんも一度お試しください。

ケータリング_ポスター


アバ@木場

2月初旬に木場にアバが3店舗目を出すそうです(すごーい)。

でもって、2月から、今のアバはランチのみ、ギャテはディナーのみとなるそうです(そんなあ~)。

アバディナーとギャテランチの食べおさめにいかなければ! (そうそう!)

以上、今わかっているのはここまでです(早く知りたい~)。

 


北海道タコとセロリのマリネ&12月23日(祝)の開店情報

今日のランチは「北海道タコとセロリのマリネ」を頂きました。一般にタコ・イカを使う洋食は珍しいのですが、Abatsでは独創的なタコ・イカ料理を頂けます。

とはいえ、ランチメニューにタコ・イカ料理が入っているのは、年間10日以下でレア度☆☆☆☆のメニューです。常連は、タコ・イカ料理がランチメニューに入っていれば、大抵押さえます。
IMG_6113

なお、Abatsは原則として日祝お休みですが、天皇誕生日の12月23日(水・祝)は開店予定だそうです。平日にAbatsに来れない方は、12月23日に訪れてみてください。
IMG_6107