2018年2月

カスベ(エイ)をいただく

Abatsで4人席ディナーを頂きました。
年末に入口の近くに4人テーブルができたので、小グループの食事会も楽しめるようになっています。

シェフに「3年前にAbatsのランチで食べた「カスベ(エイ)」がおいしかった記憶があり、食感が珍しいので、もう一度食べたい」と一ヶ月ほど前に伝えてました。すると「築地場内の隅っこにあった」ということで、メイン料理に用意して頂けました。カスベは北海道や東北では食べられているそうですが、関東ではカスベ自体が珍しいです。乾燥したエイヒレとは違って、カスベは瑞々しくて、コリコリしています。しかし、とり軟骨ほどに強い歯ごたえでもなく、類をみない味と食感を楽しめました。肉のイチボとカスベのムニエルのダブルメイン料理でお腹いっぱいになり、楽しいディナーでした。


能&アバ

先日、初心者が気軽に能に触れることができる「夜能」というイベントで、

開演前にアバのシャルとドリンクが楽しめるというので行ってまいりました。

能楽堂のロビーで、ワンプレートで、ドリンクついて1600円というので

簡単なものかなっと思っていたのですが、いえいえとんでもなく充実しておりました。

中央:真サバリエットを挟んだプティ・ヴィエノワ

右:若鶏のバロティーヌ バターナッツかぼちゃのサラダ

下:タコのマリネ 野菜のピクルス

左:ロースハム 豚頭のテリーヌ じゃがいものサラダ

 

ドリンクは白ワインを選択。写真の解像度が低く、美味しさが伝わらなくてすみません。。。

軽食かと思いきや、結構食べごたえがありました。

特に、真サバのリエットを挟んだサンドイッチは絶品。これはお店では食べられません。

 

アバと能のタッグ、一度ご賞味あれ。

数限定のため、能楽堂で事前に販売されるチケット購入がお勧めです。

「夜能」は能とその他古典芸能を楽しむことが出来るイベントで、宝生能楽堂(文京区本郷)で2月、4月、5月、6月、9月、11月に開催とのことです。

※夜能のチケット代は別です!